瞑想×季節の薬膳でごきげん美人になる「口福レシピ」をお届けします  TEL:050-5309-3168

menu

東洋の魔法「月めぐり ®漢方」で人生を快適に過ごす

湿熱タイプのお悩みに〜ドクダミ茶とチンキ剤作り〜

湿熱_どくだみ_湿疹_アトピー

心・カラダ・子宮・人生を整える
漢方・自然療法を学ぶ
月めぐり®漢方 主宰 楠田直美です


ゴールデンウィークもあと1日
皆さん連休を満喫できましたか?

私も2日休暇を頂き
薬草摘みを楽しみました^^


毎年連休に摘んでいるのが「ドクダミ

ドクダミ十薬(じゅうやく)という
生薬でもあり
古来から利用されている薬草の1つです。

体に余分な水分と湿気がたまっており
一部に「熱」がこもってしまっている
湿熱タイプ」

蕁麻疹、あせも、ニキビ、
虫刺され、

アトピー性皮膚炎
膀胱炎、足のむくみ

などのケアとして
漢方や民間療法などで利用されています。

写真が撮れなかったほどのアトピーが

子供のころは、
母と一緒にドクダミを摘みに行き

ベランダで干すのが
毎年の5月の恒例行事でした^^


実は私自身、

小学生の時はアトピー性皮膚炎を
患っていました。。。

首、腕、脚、
包帯でグルグル巻きにし

朝起きると皮膚の組織や固まった体液が
シーツにくっつき

毎朝、剥がす度に血だらけになるほど酷い
アトピー性皮膚炎でした(T_T)

見た目もボロボロ・・・

痒くて眠れないので
小学生の私は感情をコントロールできず
イライラしたり、泣いたり

この時期以外の子供時代は
整理しきれないほど写真があるのに

あまりにも不憫で
アトピーで悩まされた時期は
母は写真を一切撮れなかったそうで
1枚もありませんでした・・・

塗り薬、飲み薬、
何をやっても効果がなく

こまった母が、
このままでは私が嫁にも行けなくなるのでは!

と、心配し行なったのが

*自家製の薬草ブレンド茶
*偏食をしない

(当時、好き嫌いが酷かったのです)

母は熊本県阿蘇の麓で育ち
祖母の影響もあり
薬草にとても詳しい人でした。

戦後、30年ころまでは
「薬 1週間分」が
当時、高給であった公務員の
1ヶ月のお給料と同じくらい高価。

普通の家庭はとてもじゃないけど
買えない状態でした。

祖母も母も
古来からの知恵を生かして
食べ物や薬草で治療をしていたのですが

その時からの知恵や経験から
数種の薬草をブレンドし
薬草茶を持ち歩き
毎日飲ませてくれました^^

お茶と、食べ物の好き嫌いをなくす
たったこれだけで約1年半で
アトピーは完治。

食品制限もなく
ごくごく普通の子供が好きそうな
家庭料理や田舎料理しか食べていませんが


以後、一切再発もなく
顔から腕まで酷かったアトピーの跡は
いっさい残らず肌もピカピカです^^


その時の薬草茶の中に入っている

薬草の1つが「ドクダミ」です。

どくだみ_月めぐり_29180401

ドクダミはいつ摘むの?

子供のころは、
母と一緒にドクダミを摘みに行き

ベランダで干すのが
毎年の5月の恒例行事でした^^


<ドクダミを摘むポイント・作り方>

方法は摘んで洗って干すだけで
簡単なのですが

作るポイントは

1)採取の時期
2)水分を完全に飛ばすこと

そして30年以上作り続けている経験から
分かったことは

ドクダミを取るベストタイミングは
花が咲く前であること!


ドクダミの葉は日焼けしやすく

花が咲くと
他の花の花粉やホコリが付着し

アレルギー体質の方は
反応してしまう事もあるので

花が咲く前がベストタイミング
なんです^^

また、ドクダミだけではなく
植物全般の共通点ですが

花が咲くと栄養が花に回ってしまうので
葉の栄養が低下する傾向にあります。

ドクダミの葉と蔓の栄養を効率良く
利用するためにも
「花が咲く前に摘む」のが1つのポイントです。

<花が咲いてしまったダメなの?>
でも地域によっては

すでに花が咲いてしまっている所もあると思います。

そんな時は

↓ ↓ ↓ ↓

◎1日でも早く摘むこと。
◎流水で2〜3分よく洗うこと。
→もったいないと思わずに流水で洗いましょう。
◎なるべく新葉
(大きな葉より、少し下についている若い葉)を

利用する。
◎花はハサミでカットする。

この4つで対処してみましょう^^

湿熱_どくだみ_湿疹_アトピー
洗ったらザルにあげて良く水気をとります。

日陰干しで5〜7日しっかり乾燥させたら
密閉容器に市販の乾燥剤と一緒にいれて
常温で保管しましょう。
(1年は日持ちします。)

ご自身の体調に合わせ
自然療法を体験してみてください。

不安な方は
ぜひイベントやお茶会などにいらして
普段抱えている質問をしてくださいね^^

チンキ剤の作り方(薬酒作り)

ドクダミ_湿熱_漢方_アトピー1_化粧水
化粧水やボディーウォーター作りたい方は

ドクダミをお酒に漬け込む
チンキ剤を仕込みましょう。


<用意するもの>

*ウォッカ 150〜200cc 程度
(瓶の形や容量によります)

*ドクダミ 瓶の2/3程度
*ガラス瓶(漬け込み用)
(写真の瓶は180ccの瓶で150ccほど漬け込みました)
*ガラス瓶(保存用)
(100cc程度の瓶)

まずは瓶を煮沸消毒します
(またはウォッカでアルコール消毒)

アルコール消毒は
漬け込む時に使用するウォッカで行いましょう。

私はこちらのウォッカをよく使っています。
アルコール消毒_月めぐり漢方
ドクダミをいれて詰め
ウォッカをドクダミが完全に浸かるまで注ぎ
蓋をしてから3〜4回軽く上下に振ります。


冷暗所(室温)で2週間保管し

最初の3日間だけは毎日瓶を軽く振り
お酒がドクダミ全体的に触れるようにします。


2週間経ったら、

コーヒーフィルターなどを使い
保存用の消毒した瓶に濾します。


常温で1年〜約2年保存。
→煮沸消毒で約2年
→アルコール消毒で1〜1.5年を目安に

冷蔵庫に入れる必要はありませんが
気になる方は冷蔵庫で保管を。

ただし、室温に出すと
気温差で劣化しやすいので
使う分をすばやく取り出しすぐに冷蔵庫に
入れましょう。

化粧水の作り方は
別途、Facebookでお伝えします。
↓ ↓
月めぐり漢方 Facebookページ
https://m.facebook.co./tsukimeguri/

いいね!のクリックと
フォローのボタンを押していただくと
更新時にお知らせが表示されます。

蕁麻疹、あせも、ニキビ、
虫刺され、

アトピー性皮膚炎
膀胱炎、足のむくみ

などを感じている方
ご興味ある方は

先ずは、チンキ剤を作ってみてくださいね^^

ランキングに参加しています。
1クリックして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

月めぐり®漢方 個人セッション
詳しくはこちらへ
集中プログラムのご案内

無料メールマガジンを配信
登録はこちらをクリック

お問合せ:月めぐり®漢方
Email:tsukimeguri@gmail.com

資格ジプシー、キラキラ女子から卒業♪
心と子宮を癒す漢方と自然療法で
本当の健康と幸せを手に入れませんか?

月めぐり®漢方カウンセリング・集中プログラム

詳しくはこちらへ
漢方カウンセリングのご案内

関連記事

コメントは利用できません。

めぐる季節のラブレター登録はこちら

月めぐり漢方 季節のラブレター


月めぐり漢方の口福レシ
オーラ美人になる
月めぐり®漢方 めぐる季節のラブレターを
お届けします。

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
都道府県 ※必須

自然療法の口福レシピ「月めぐり漢方」