瞑想×季節の薬膳でごきげん美人になる「口福レシピ」をお届けします  TEL:050-5309-3168

menu

東洋の魔法「月めぐり ®漢方」で人生を快適に過ごす

江戸時代と現代のレシピ本の共通点は●●と●●

心・子宮・人生を癒して
ごきげん美人になる

月めぐり漢方 主宰 楠田です。

 

初秋の爽やかな風を感じる朝を迎え
今日は足取りも軽くある所へ

それは国会図書館

土曜日なので、社会人の方が多く
設備も整っているので
集中をして調べ物や読書が可能です。

今日は
漢方が盛んだった江戸時代の頃の書物や
食文化について調べ

また、ここ4〜5年マイブームなジャム作りを
もう少しブラッシュアップしたいので

海外の文献やレシピなどを見つつ
オーソドックスだけど新しい
月めぐりレシピの考案を練ってきました。

出来上がったものは
瞑想会やシンギングボウルのレッスンで
お出しするのでどうぞお楽しみに。

さて、江戸時代についての古書や現代書を
読み漁ってきましたが
今日、初めて知ったことがあります。

それは「牛蒡(ごぼう)」が薬として
輸入されていたこと。
江戸の食文化_薬膳_漢方_2018

牛蒡(ごぼう)は日本の野菜ではなく
元々は「薬」として伝来し

味と香りが日本人の好みに合い
食用として栽培されるようになりました。

江戸時代には全国的に栽培され
「牛蒡」は庶民の味として
倹約料理角力取組」という本に

「たたき牛蒡」や「きんぴら牛蒡」など
私達にも身近な料理が数品のっています。


倹約料理角力取組

漢字を見てなんとなく想像できるかもしれませんが
現代的に言えば「節約ごはんレシピ集

江戸時代でも台所や家計を預かる
女性の悩みは「節約」や「保存食」

常備菜節約レシピが流行っている現代と
同じですね。

江戸時代でも安く、日持ちし
健康維持に役立ち

語呂合わせの好きな江戸ッ子は
「豆腐=当富」を使った
縁起の良い献立が人気だったようです。


冷蔵庫もなく、限られたお金と調味料で作る

元気を生み出す江戸の庶民のレシピ

その中でも薬膳に繋がるものを
また、何かの機会にご紹介できればと思います。

サマージャンボ宝くじは終わってしまいましたが
興味と遊び心のある方は
オータムジャンボを買う前に
ゲンを担いで「お豆腐(当富)」を献立にいれて
ワクワクしながら食べるのもオツですよ。

ランキングに参加しています。
1クリックして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

月めぐり®漢方 個人セッション
詳しくはこちらへ
漢方カウンセリング・プログラムのご案内

無料メールマガジン
➡登録はこちらをクリック

お問合せ:月めぐり漢方
Email:info@tsukimeguri-kampo.com

関連記事

コメントは利用できません。

めぐる季節のラブレター登録はこちら

月めぐり漢方 季節のラブレター


月めぐり漢方の口福レシ
オーラ美人になる
月めぐり®漢方 めぐる季節のラブレターを
お届けします。

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
都道府県 ※必須

自然療法の口福レシピ「月めぐり漢方」